FEZ~セスタスが実装されました

FEZに新職業セスタスが来ました
流行に乗り私もやってみましたのでやってみた感想と
育て方的なものでもメモで書きたいとおもいます
f0054031_15401342.jpg




まず最初に
テストサーバ仕様の違いは1部のスキルとセスタス自身のHPが1000に戻されたことでした
LV28まで育てたところこれ以外は変わっておらず
裏方専門の職であり歩兵としての能力はきわめて低いです
活躍したい!キルとりやスコア狙いたい!の人だと他4職のほうがよいと思います(・ω・U)

それでは私のとった順のスキルの説明と使い勝手を書いていきたいと思います
狩りはおもに通常攻撃メインでした
スキルを覚えても通常攻撃の方が使い勝手がよく敵とのLV差0~+3ぐらいのところで
がんがん狩れていい感じにLVをあげれました
(どの職もLV補正で自分よりLVの高いモンスターは狩りにくい&PW消費がきつい、セスタスの場合は通常攻撃でPWは減るものの燃費が良いために狩りやすいです)
f0054031_15594678.jpg

2はつめの竜巻が続けざまにHITします(攻撃を当てると反撃が来るので軸をずらしながら竜巻置き)

LVが上がったら戦争へ向けて2つの「スタイルチェンジ」を取りました
f0054031_1694622.jpg

対人用のルプススタイル 建築用のべンヌスタイル
このあとに取るスキルに影響するようです

次に「ドレインクロー」を取りました
f0054031_16145490.jpg

ルプススタイルの場合は敵プレイヤーからのHP吸収
ベンヌスタイルの場合は建築からのHP吸収
となるようです、モンスターには吸収効果は付きませんでしたが攻撃力代わりと高く
通常攻撃の竜巻の合間に入れると殲滅力が上がりました

ドレインクローを取ると「ハームアクティベイト」が出たので取りました
f0054031_16222114.jpg

ルプススタイルの場合は炎上や毒状態の敵に大ダメージ
ベンヌスタイルの場合は建設物を炎上させる効果
という感じですがルプスの場合は炎上や毒状態のプレイヤーに止めベンヌの場合はオベ折りやAT折りに便利でした、ドレインにくらべそこそこ射程もあるのですが消費PWは40と大きいです

ハームを取ると最後に「サクリファイス」が出ますので取ります
ルプススタイルの場合はATの強化
f0054031_16293765.jpg

ペンヌスタイルの場合は建築物の回復
f0054031_16302794.jpg

どちらもレイスの闇のように効果のONOFF切り替えができます
サクリファイスを使用してもその場を離れると効果は失われるためその場にいないと意味がありませんでした
ベンヌの回復は自分のHPも50づつへります(リジェ使いながらが良いです)
回復3回で自動解除されるらしく回復しきらない場合はかけ直しが必要です
敵ジャイ1に対して3人でベンヌサクリで回復した場合回復のほうが上回ったりします(・ω・U)

セスタスの支援スキルがそろったところで次は自衛スキルの「インテンスファイ」をとりました
f0054031_16404171.jpg

前方広範囲にふっとばし効果のあるスキルですが威力は低いです
敵に囲まれたときや味方の救助に便利でした
しかし敵を吹っ飛ばすだけに前線で使うと味方の他職の高威力スキルの邪魔になり迷惑になります
便利ですが使いどころが肝心かもしれません

このあとはドレから取ろうか迷いましたが
機動力の飛び蹴り「ホーネットスティング」
高威力のタメスキル「ゲイザースマッシュ」
一時的に耐性を向上させる「シャットアウト」

「シャットアウト」を取りました
f0054031_174372.jpg

一時的に耐性が100増加しスタンや怯みを受けなくなるため
スタンした仲間の救助などに役立ちました
受けるダメージは以下のとおり
ドラテ50*3 レイン30付近 ヘル170付近 ヘビスマ200付近 ジャッジ40*3付近 バッシュ無効
かなりの効果が出ますが10秒あたりしか効果が無く
PWが回復しないためシャットアウト後には1回しかスキルを打てないのと
フェンサーのフィニに関しては450付近のダメージを受けました
使い勝手は良いけど使いどころが重要なスキルでした

こんな感じでセスタスをやってみましたが
まだLVがLVなだけに裏方も多く
LVをあげても裏方メインになる感じの職だなーとおもいました
クリ堀や召喚ついでにねずみ相手、建築物の回復
押されそうな前線でのAT強化、押せそうな前線の建築壊し
歩兵は自信ないけど裏支援なら!
そういう立ち回りが好きな人にはたまらないかもしれない職でしたとさヾ(・▽・U)ノ
[PR]
by seikawan | 2009-07-29 16:51 | Fantasy Earth
かむばっく >>